第一弾として、総合ロックメーカーアルファが次世代型スマートロック開発。両社で販売

株式会社ビットキー(所在地:東京都中央区、代表取締役:江尻祐樹・福澤匡規・寳槻昌則、以下ビットキー)は、これまで自社開発のスマートロックbitlockシリーズで活用してきたデジタルコネクトプラットフォームの「bitkey platform」および、デジタル化に必要な技術・製品を、ハードウェア開発企業向けに提供開始いたします。あわせて、コネクトパートナーとして総合ロックメーカーの株式会社アルファ(所在地:神奈川県横浜市、代表者:川名祥之、以下アルファ)が2021年9月に発売を予定している次世代型スマートロックでの採用が決定したことをお知らせいたします。

■bitkey platformをハードウェアメーカー向けに提供する背景
近年、ハードウェアメーカーは「モノ」から「コト」への転換を加速させ、製品を販売して完結するのではなく、より利用者のニーズに応えられるよう、IoT化を含めたデジタル対応や、会社を超えた連携などを進めています。一方で、利用者を認証する仕組みの構築、インターネットに接続することによるハッキングリスク、他製品と連携させる際に必要なシステム改修が頻発するなど、開発負担が課題となっています。
このような課題を受け、ビットキーはテクノロジーパートナーとして、bitkey platformを核とした、コネクト技術を提供することで、様々な製品が「安心・安全・便利」につながるハードウェアメーカーの「コト」化への転換を支援します。
ハードウェア製品のデジタル化を目指す企業は、ビットキーの技術提供により、デジタルコネクトを実現するコストを削減でき、また、対「複数」の連携を想定した開発により、他社製品との連携時にも個別開発の負担が軽減されます。

■対象ハードウェアの一例(住宅領域の場合)
・宅配ボックス、ロッカー、キーボックス
・電子錠、スマートロック、エントランス集合機、IoT南京錠
・自動ドア、エレベーター、フラッパー(セキュリテイ)ゲート
・車載キーボックス
・空調機器
・生活家電(テレビ、冷蔵庫、掃除機、洗濯機等)
・Web/IoTカメラ
・駐車場・駐輪場設備
・IoT家具/インテリア
・スマートスピーカー
・インターホン/テレビドアホン
・電動シャッター

■bitkey platformと連携するための提供技術/製品
・電子回路基板
・ファームウェア
・API
※製品ごとに最適な手段を選ぶことが可能です。

■ ビットキーが提供するデジタルコネクトテクノロジーの特長
1.  オフラインでも利用可能
セキュリティ上インターネットと接続することに抵抗がある製品や、インターネット環境が十分でない、地下や山間部での利用にも対応できます。

2, 「コネクト」のための総合的な技術・製品提供が可能
bitkey platformを核としたID認証・連携、スマホアプリやSaaSシステム、組み込みにおける電気回路基板、ファームウェア等、新製品開発、既存製品のアップデート共に対応可能な、技術および製品を提供します。

3, ユーザーエクスペリエンス・ユーザーインターフェースの向上
ビットキーはユーザーの利用「体験」を軸に、home/暮らし・生活、work/働く、experience/非日常の3つの領域でのあらゆる製品・サービスをつなげることが可能なhubシリーズを開発していることから、hubシリーズを通してハードウェアを利用するユーザーの体験性向上も実現します。

■株式会社アルファ コメント
総合ロックメーカーとして、自動車から住宅・コインロッカーまで幅広い用途に合わせた鍵を開発してきたアルファは、自動車部品事業で培った品質技術を住宅の電気錠に応用し、高い品質とセキュリテイ性で住宅の電気錠においてトップクラスのシェアを獲得しております。賃貸住宅市場においては鍵管理の軽減が図れる暗証番号∔ICカード錠edロックPLUS及び新商品ePPHをハウスメーカーや管理会社がご採用頂く中で、住宅のIoT化や非接触・非対面の賃貸運用のニーズにもお応えできるよう、ビットキーのbitkey platformと連携した次世代型スマートロックの開発を進めてまいります。また、アルファはハードウェアをビットキーにも提供することで相互に販売強化を図ってまいります。
(写真:左から2021年発売のedロックPLUS-BT、ePPH-BT)

今後もビットキーは、あらゆるものやサービス・人が安全で便利に気持ちよくコネクトできる世界の実現を目指し、コネクトパートナーの開拓、およびあらゆるコネクトパートナー同士の連携がスムーズに実現できる技術開発を進めてまいります。

■bitkey platformとは
認証・認可、ID連携、分散システム、暗号化技術などを研究し、独自に組み合わせて応用・開発した“世界中のあらゆるものを柔軟につなぐ”ID連携・認証、権利処理のデジタルコネクトプラットフォームです。旧来の、IDを1つに“統合”する考えとは異なり、各事業者の提供するサービスそれぞれのIDは残したまま、ID-Hubを提供することで、さまざまなサービスを“つなぐ”ことができる新しい概念をもっています。