〜インターシティをはじめとした大規模都市開発での展開も視野に〜

株式会社ビットキー(本社:東京都中央区、代表取締役:江尻祐樹・福澤匡規・寳槻昌則、以下ビットキー)は、日鉄興和不動産株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:今泉 泰彦、以下日鉄興和不動産)と資本業務提携契約を締結したことをお知らせいたします。この提携では、日鉄興和不動産が開発するオフィスビルやマンション等において、ビットキーの開発する技術「bitkey platform」や、人と仕事の間の分断をなくすコネクトプラットフォーム「workhub」、人と暮らしの間の分断をなくすコネクトプラットフォーム「homehub」等を活用し、オフィスワーカーやマンション入居者向けに新たな体験の提供を進めてまいります。

■取り組みの詳細
ビットキーはhomehubやworkhub、スマートロックなどの製品開発および、「つながる」サービス・モノの拡充などのサービス開発をおこない、日鉄興和不動産のオフィスビルやマンションに導入する予定です。すでに2020年9月には日鉄興和不動産が品川インターシティにオープンしたインキュベーションセンター「SPROUND」で、顔認証に対応したスマートロックやworkhubを導入しており、21年4月現在、リビオシリーズを中心としたマンション複数棟でhomehubや顔認証システム導入が計画されています。今後は、住宅やオフィスを横断した「コネクト」による新たな体験を利用者に提供できるよう、両社でのサービス開発も進め、将来的には赤坂や品川を含むインターシティシリーズなどの大型都市開発での活用も視野に入れ、取り組みを進めてまいります。

■homehub、workhubについて
ビットキーが開発するコネクトプラットフォームです。「暮らしとサービス/モノ」間の分断をなくす「homehub」や「人と仕事」間の分断をなくす「workhub」があります。homehubはIoT家電や置き配・家事代行、地域の施設などと連携させることで、暮らしにおいて一貫した体験を得ることができます。workhubはオフィス内の各種センサー、ITシステム、ビルセキュリティなどと連携させることで、新しい働き方を実現します。

■bitkey platformについて
認証・認可、ID連携、分散システム、暗号化技術などを研究し、独自に組み合わせて応用・開発した“世界中のあらゆるものを柔軟につなぐ”ID連携・認証、権利処理のデジタルコネクトプラットフォームです。旧来の、IDを1つに“統合”する考えとは異なり、各事業者の提供するサービスそれぞれのIDは残したまま、ID-Hubを提供することで、さまざまなサービスを“つなぐ”ことができる新しい概念をもっています。

■日鉄興和不動産株式会社について
東京都港区赤坂に本社をおき、「インターシティ」シリーズを代表とするオフィスビルの開発・賃貸や外国人向け高級賃貸マンション「ホーマット」シリーズ、マンションシリーズ「リビオ」などの住宅事業をおこなう不動産デベロッパーです。