NEXT PROJECTS

FIELD OF BUSINESS

bitkeyは、
複数の組織の持ち合いでできる分権所有サーバーの上に、様々なシステムと柔軟に連携でき、正当な取引のみ行えるトランザクション層を実現します。
それにより世界をひとつのIDでつなぎ、あらゆるサービスをシームレスに受けられる社会を実現していきます。

SELECT DOMAIN Click on each area to view detail
TOBIRA [REAL ESTATE] HOUSE OFFICE HOTEL SHOP CONFERENCE WAREHOUSE MOBILITY E-GOVERMENT E-TICKET / E-PASS MEDICAL / WELLNESS TRAVEL /TOURISM OTHERS FINANCE / INSURANCE
TOBIRA
[ REAL ESTATE ]
HOUSE
OFFICE
HOTEL
SHOP
CONFERENCE
WAREHOUSE
MOBILITY
E-GOVERMENT
E-TICKET /
E-PASS
MEDICAL /
WELLNESS
TRAVEL /
TOURISM
OTHERS
FINANCE / INSURANCE
CLOSE

HOUSE

家に帰ると、玄関の靴はピカピカに磨かれており、美しい花が飾られている。クリーニング済みの洋服と、新鮮な野菜が玄関に届いている。部屋は掃除されて台所もキレイ。そのすべてが「不在時」に、デジタルキーを介して、安心・安全に実現される。

例えば、そんな未来の生活を実現します。

OFFICE

人が鍵を保管し開閉時に常に立ち会う仕組みにも、安全にコストがかかる仕組みにも決別を。セキュリティレベルは高くコストを圧倒的に下げることで、すべての企業の発展に寄与します。

HOTEL

部屋毎に装備されている、従来型のカードキーシステムを刷新し、膨大なコストとなっている初期費用及び運用費用を、劇的に削減。また、単なる扉の開閉機能を超え、ユーザーの希望レベルに応じたホテル環境の最適化を実現する。

SHOP

誰にでも手が届く初期費用及び運用費用の実現により、個人商店を含めたすべてのSHOPに高いセキュリティを提供。営業時間外に立会いなしで宅配物の受取りが可能に。時間の無駄をなくし本業に集中できる環境づくりをサポートする。

CONFERENCE

大規模イベントでの交流において、互いの情報を口頭でやりとりするのは効率的でないシーンがあります。bitkeyIDを用いることで、開示可に設定した情報を互いにデータ提供をし合うことで、より効果的でスピードのあるコミュニケーションを実現します。

WAREHOUSE

誰にでも手が届く初期費用及び運用費用の実現により、様々な倉庫に高いセキュリティを提供。営業時間外に立会いなしで鍵の受け渡しが可能に。またデジタルキー・テクノロジーをもちいて、鍵の未回収問題や複製問題を解決します。

MOBILITY

車の鍵を電子化することで、都度利用者を指定することが可能になり、盗難防止はもちろん子どもが誤ってエンジンをかけるといったトラブルを根絶。カーシェアサービスなどの、鍵の受け渡しのストレスもなくす。

E-GOVERMENT

bitkeyIDを利用することで、インターネット上での確実な本人認証を実現。基本的に本人でなければ取得できない住民票や戸籍謄本などの行政書類が、役所での手続きなしで取得可能に。

E-TICKET / E-PASS

bitkeyIDを利用することで、インターネット上での確実な本人認証を実現。予約・購入・発行・入場といったフローそれぞれで確実に本人認証を行えるシステムを提供します。

MEDICAL / WELLNESS

自身の医療にかかわる情報の開示タイミング・開示範囲をあらかじめ指定。緊急搬送時には、自身が過去に受診した電子カルテのすべてを搬送先の病院へ開示するなどし、迅速で適切な処置が確実に受けられるようにする。

TRAVEL / TOURISM

アプリでホテルを予約すると、事前にデジタルキーが届く。
旅行先で空港に降り立ってからは、ひとつのID、ひとつのカギですべてが完結。レンタカーやシェアサイクルが手続きなしで利用でき、ホテルフロントに寄ることなく、チェックインレスで部屋に直行。ラウンジやVIPルームも自由自在にアクセス。
そんな一歩進んだ、未来の旅行体験を実現します。

OTHERS

本人認証、時間と場所の指定、デジタル上での受け渡し、という3つの組み合わせをもちいて、様々な活用方法を模索、実現していきます。利用方法についてご相談のある方はお気軽にお問い合わせください。

FINANCE / INSURANCE

メディカル分野や他分野との連携により、より正確な申込者のデータを扱うことができ、より精度の高い信頼評価を行えるようになります。それにより、人と人がより信頼しやすく、申し込みやすい、申込みを受け入れやすい社会を実現します。

BACK BACK BACK