Newsroom

Newsroom

ビットキー、スマートワークブース「Bitkey work booth」発売開始 マンション・ビル・商業施設の空きスペースを収益化

ビットキー、スマートワークブース「Bitkey work booth」発売開始 マンション・ビル・商業施設の空きスペースを収益化

〜検索・予約・カギ・請求・決済に丸ごと対応〜

株式会社ビットキー(本社:東京都中央区、代表取締役:江尻祐樹・福澤匡規・寳槻昌則、以下ビットキー)は、ワークブースとスマートロック、利用者向けの予約サイト、ブース管理者向けのシステムをワンパッケージにしたスマートワークブース 「Bitkey work booth(ビットキー  ワーク ブース)」を12月21日より販売開始します。

「Bitkey work booth」の開発背景

リモートワークの浸透に伴い、「ワークブース」のニーズは急激に高まっており、普及台数の増加にあわせて、公共の空間や商業施設に設置したワークブースを有償・時間単位で貸し出すサービスの展開が加速しています。そのような状況において、マンション・ビル・商業施設などの運営者は、「ワークブースを設置したいが、カギや請求との連携に手間や大きなコストが掛かる」「確実に使えるよう”予約”するニーズに応えたい」といったワークブースだけでは対応できない課題も生まれています。
今回、これらの課題を解決すべく、ワークブース本体の提供に加え、利用者がワークブースを予約できるWebサイトや、予約した時間に連動したデジタルキーの発行から、集計・請求・決済までの一連の運営業務に対応するシステムをパッケージ化したスマートワークブース「Bitkey work booth」を開発しました。今後は全国数万台の設置を目指し、2022年中に2,000台の設置を目指します。

「Bitkey work booth」が解決する課題

「Bitkey work booth」について

ワークブース本体に加えて、利用者向けの予約サイト、スマートロック、管理者向けのシステムなど、ワークブース運営に必要なものをパッケージ化したオールインワンパックです。ワークブース本体は1人・2人・4人用から選択することができ、初期費用0円、月額費用5万円から利用できます。

利用者向け検索・予約サイト
利用者が地図や空き状況からワークブースを検索・予約できます
管理者向けシステム
会員・契約管理機能や決済・請求・入金管理等、ワークブース運営に必要な機能を揃えています
スマートロック bitlockシリーズ
顔認証、スマートフォンアプリ、QRコード、テンキーなど全12種類の解錠方法に対応します
タブレット端末
利用状況・空き時間を可視化し、顔認証による「カギ解錠」や、「即時予約」にも対応します
タブレットスタンド
ワークブースの外側にタブレット端末を固定します

「Bitkey work booth」の特長

<スムーズな導入・設置>
ワークブース本体、利用者向けワークブース検索・予約システム、スマートロック、管理者向けシステムなどを全て揃えており、個別のシステムや製品を契約することなく、設置後すぐに運営を開始できます。

<顔認証の標準利用が可能>
利用者は、スマートフォンアプリで一度顔登録することで、次回以降は手ぶらでワークブースの予約・利用ができます。顔をかざすだけで利用できるため、煩わしい操作がなく、利用率の向上にも寄与します。

<会員・契約管理と連動>
法人・個人等属性問わず会員・契約管理が可能です。さまざまなビジネスモデルに柔軟に対応できるため、料金体系(※)が異なる拠点もまとめて管理できます。
※入会金などの初期費用、月額費用、ワークブースの入退室履歴に基づいた従量課金費用などの組み合わせ方。

<決済・請求・入金管理と連動>
ワークブース利用者の支払いは、クレジットカード決済・口座振替、請求書発行など様々な手段で対応できます。締め処理、請求額確定に際する会員向けのメール通知、入金・返金の管理など、幅広い運営をカバーしています。

<完全月額サービス>
サブスクリプションモデルのため、利用者数の増減に応じて、増設や撤去などに柔軟に対応できます。

「Bitkey work booth」の主な利用シーン

マンションやビルの共用部
リモートワークが増え自宅で仕事をすることも多くなるなかで、「自宅近くで家族を気にせずWeb会議や集中作業がしたい」というニーズに対応できます。これにより、入居者の満足度向上にも寄与します。

カフェや商業施設
「移動の合間に1時間だけWeb会議したい」といったニーズに対応でき、安心して仕事ができるカフェ・商業施設として差別化ができます。

シェアオフィス、コワーキングスペース
個室不足で「Web会議や電話がしづらい」というニーズに対応できます。移設も可能なため、原状回復コストを気にせず設置が可能です。

自社オフィス
「Bitkey work booth」はオフィスの空きスペースに設置することも可能です。オフィスのレイアウトを変更することなく、リモート会議の増加で不足している会議室の代わりにすることができます。

設置例

ビットキーオフィスの1人用ブース

ブース外に設置したタブレット端末で空き状況やその日の予約一覧を可視化しており、即時予約も簡単にできる

ビットキーオフィスの4人用ブース

ブース内にモニタを設置し、複数名で共通の画面を見ながら会議を行ったり、Web会議でリモート勤務のメンバーと会話したりできる

製品概要

Share this article